スポンサーサイト

  • 2015.04.17 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    メガソーラーについて

    • 2014.09.19 Friday
    • 12:52
    皆さん、初めまして!!
    私は、太陽光発電の会社のスタッフです。
    これからここで、太陽光発電電気について、いろいろお話してゆきたいと
    思っています^^

    皆さんに楽しんでいただける内容にしてゆきたいと思っていますので、
    よろしくお願いしますm(__)m


     

    太陽光発電のメガソーラーは、再生可能エネルギーの基幹電源として、期待が大きいものです。

    これによって、最大の障壁だった採算面の不安がなくなり、電力会社だけでなく、

    IT
    企業、電機メーカー、ガス会社、商社など異業種の本格的な参入が加速してきています。

     

    また、自治体が民間企業と提携し、遊休地を利用してメガソーラー事業を展開するという動きもみられます。

     

     

    ただし、買取りにかかる費用は消費者負担になり、異論を唱える人もいます。
     

    ひと月の電気代は、標準家庭で約7000円が平均87円値上がりしてしまいます。
     

    それでも、地球環境のために再生可能エネルギーを推進してゆくべきだと思います。

     

    10年度の再生可能エネルギーの発電量は、総発電量の約1.2%に過ぎないのです。
     

    経済産業省は12年度を「再生可能エネルギー元年」と位置付け、同年度内の新たな導入発電量を、

    大型原発2基分に相当する約250万キロワットと見込んでいます。


     

     

    メガソーラーの利点の一つに、遊休地の活用があります。
     

    今まで、何か有効利用を図るべく考えてきたが結局適当なものが見つからず遊んでいる土地や、

    何かの被害等で農作物を育てられなくなった田畑、古くなってしまった工場跡なども利用できます。

     

    遊休地は放っておいては、何の役にも立たない勿体ない土地と言えます。
     

    この遊休地にメガソーラーを設置することによって、

    今まで利用の途がなくて困っていた土地を有効利用することが可能になります。


     

     

    また、国が定めた固定価格買い取り制度の導入により、事業計画が立てやすくなりました。
     

    発電した電力をそのまま固定価格で電力会社が買い取ってくれるため、事業化を目指す企業がどんどん増えてきました。
     

    メガソーラーは、現在停止している原子力発電に代わる発電方法であり、

    温室効果ガスの削減のためにも、
    官民挙げて積極的に取り組んでいく必要があると思います。








      お家の見直ししま専科/ 住宅リフォーム総合情報/工務店向け集客ノウハウ/クレジットカードの即日発行じゃけん 女性向けエステ.com/英会話教材/家庭用水素水サーバー/マッサージのリアル口コミ.com/英語上達の秘訣/健康マニアによる無病ライフ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    otenki

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM